So-net無料ブログ作成

プライヤー

プライヤーとは、ペンチよりも大きなものを挟むことのできる工具です。
プライヤーでラジエターホースのクランプをつかんだり、ねじ山のなめたネジをプライヤーで回したりと、プライヤーは使う頻度がかなり高い工具です。
そろえておきたい基本的な工具のひとつと言えます。
一般的なマルチプライヤーから、、太さの太いものを挟むためのプライヤー、水道工事などに使う水栓用のプライヤーなどに用途の特化したものなど、プライヤーも色々あります。
プライヤーを購入されるなら、Amazon.co.jpをご覧ください。
Amazonでは、全国へ配送料無料で購入できます。ご購入は、Amazonがおすすめです。

 

プライヤーは、ものをはさむための工具で、ペンチよりも開口範囲を大きくとるため、ピボット(ジョイント部分)がスライド構造となっている工具です。
大きな物をはさむ場合、ピポッドを握り方向にスライドさせることで、先端部分が大きく開きます。(通常この状態では先端部分は完全に閉じない)。
通常のペンチよりも、はさめる物の範囲が多いため、自動車の車載工具によく採用されています。

英米ではペンチを含む挟み工具全般をプライヤー と呼ぶようです。
ピボット(ジョイント部分)がスライド構造の日本で標準的なプライヤーはその中の一種です。

プライヤーでラジエターホースのクランプをつかんだり、ねじ山のなめたネジをプライヤーで回したりと、プライヤーは使う頻度がかなり高い工具です。
プライヤーは工具の中でも、よく使う基本的な工具と言えるので、工具箱の中にそろえておきたいですね。

プライヤーは、工具の中でもそのバリエーションが豊富です。
一般的には次のような種類に分類されます。
コンビネーションプライヤー、ロングノーズプライヤー(ラジオペンチ)、ウォーターポンププライヤー、ロッキングプライヤーです。

コンビネーションプライヤーとは、先端で物をつかむ、あごの中央部で物に食い付く、ジョイント付近で物を切るといった3通りの使い方ができます。
ロングノーズプライヤーは、別名ラジオペンチとも呼ばれています。
ウォーターポンププライヤーは、開き具合が数段階に調節できるため、太いものをつかむ場合にも口先が平行に開いてしっかりとナットをくわえることができるというものです。
ロッキングプライヤーは、プライヤーの中でも、万能ツール的なものです。使い勝手も用途も様々な様なので、用途を考えて選んでくださいね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。